TOP

INFORMATION

トップ

お知らせ

お知らせ

no image

【HPリニューアル!】studioaia.net

2024.06.14

お知らせ

メインの当HPとは別にございます、
リフォーム、リノベーション部門のHPが、少しだけリニューアルしました!
https://studioaia.net/

こちらのHPでは、リフォームやリノベーションの事例をメインに更新しています。
ぜひご覧ください!

詳しく見る
no image

【四日市】自然素材のリアル!無垢材の20年。経年変化と魅力

2024.05.31

現場レポート

先日、建築からおよそ20年ほど経ったお家へ、メンテナンスのために伺いました。







こちらが20年経った、無垢材の経年変化です。劣化ではなく、深みを感じる経年変化ですね。
無垢材は、人と生活に優しさを与えてくれ、自身でのメンテナンスがしやすく、意匠性も高いです。

「自然素材の家」「無垢材」などのワードに馴染みがある方でも、リアルな経年変化を見る機会はなかなかないかと思い、ご紹介させていただきました。

詳しく見る
no image

【四日市/お惣菜・お弁当】kaka to hako

2024.05.17

ブログ

先日、弊社で設計をさせていただいた
四日市にあるお惣菜・お弁当屋さんである
kaka to hakoさんのお店に行ってきました。





季節の旬なものを使用したお弁当を始め、
おかずになりそうな色んなお惣菜や、焼き菓子・プリンなどのおやつもあり
バリエーションが豊富で迷ってしまいました。

オープンしたのが1月でしたので4ヶ月ほど経ちますが、
とても人気で、売り切れになることもよくあるそうです。

店主はもちろん、
販売スタッフの方も明るく笑顔の素敵な方ばかりで、
お弁当だけでなく心も元気の出るお店でした。



良心的なお値段で美味しく、
毎日食べたい!と思うような体が喜ぶごはんが並んでいます。

お隣は店主のご両親が営んでいる
「紺文デザイン」という旗やトロフィーなどのデザインを行っている会社があります。

ぜひ足を運んでみてくださいね。


【店舗情報】
小さな料理工房 kaka to hako  カカトハコ
instagramはこちら

テイクアウト専門店 季節のお弁当・きまぐれ惣菜と焼菓子のお店

住所:〒5100075 三重県四日市市安島二丁目4-14
電話:0593593888

営業日:火水木金 / 11:30〜16:00
定休日:土日月祝 ※その他臨時休業あり



詳しく見る
no image

【四日市】木組みの家

2024.05.13

現場レポート

先月、四日市で進行中の「木組みの家」の現場に行ってきました。


▼「木組みの家」とは
釘や金物に頼らずに、木と木を組み合わせる工法で高い耐久性を得る住宅のことです。

弊社では、形が決まった金属とは違い、再生可能な木という素材を大切にしています。
生活の変化に対応できるように家をつくることで、長く大切に、子や孫の世代にまで引き継ぐことができます。
環境にも人にも優しい素材、開放感と温もりを感じられる素材。

また、自然本来の木材にこだわる理由の一つとして、私たちは『職人の技』というものも次世代に繋いでいきたいと思っています。



これらをひとつひとつ、手作業で形作り組み合わせているかと思うと圧巻です。
「木組みの家」は、職人たちの手で精度よくつくり上げていくことを旨として職人の技能を育む、社会に貢献できる家づくりでもあります。

木造の大工さんや職人さんが培ってきた技術だからこそ生み出せる「木組みの家」





こちらは、職人さんでもある大和田大工さん(instagram @owadadaiku)の自邸で、ご自身で建てられています。
細部を覗くとその凄さがよくわかります。

一般的な家だと、壁やクロスが張られ、見えない貴重な部分です。

木組みは、安定した強度を備え、それでいてしなやかで美しい見栄え。
金物を使わずに、木と木を組むことで劣化しにくい構造となります。

本来であれば、隠してしまう骨組みをあえてみせることができるのも魅力の一つです。



詳しく見る
no image

大きな誤解!「設計事務所は設計費分高くなる」は間違い!

2024.04.17

家づくりコラム

▼「設計事務所に依頼すると設計費分が高くなる」は大きな誤解!

家づくりを考え始めると真っ先に悩み始めるのは
「どこで建てるか」ということだと思います。
ハウスメーカー、工務店が思い浮かぶ方が多い一方で、
設計事務所を真っ先に思い浮かべる方は少数派。
その理由は大きな誤解にあると思っています。それは…

 「設計費分高くなる」

 これは大きな誤解です。
設計事務所として、これだけは払拭したい所存です。
設計事務所との家づくりは、実は割高にならず
安心して家づくりができるということを今回お伝えしたいです。



▼設計費用は、どこで建てても建築費用の中に含まれています。

設計費用は、どこで建てても建築費用の中に含まれています。
ただ、ハウスメーカーなどでは
設計費が全体の公費に含まれている場合が大きく、
設計料として提示されない場合があります。
ハウスメーカーは、間取りがある程度パターン化されていたり、
間取りの自由度や使用する素材、設備などに制限がある場合が多いので、
一般的な住まいを求める方には良いかもしれません。

設計事務所で建てる場合は、
土地の形状、周囲環境、施主の生活スタイルなどから、
住むのにどういう家にしたらより良いかを一から考えます。

しかし、設計費がそもそも高いんじゃないの?という疑問や、
予算オーバーするんじゃないの?という不安を抱かれるかと思います。

NO!NO!
そこについてもご説明させてください!!!(必死)


▼設計事務所なら、予算内で設計できる!
 狭小地・変形地も生かせる!
 なぜならオリジナルだから!!

設計事務所の強みは、なんといっても
「他ではできないオリジナルな住まいが叶う」こと。
それは、デザインや構造的なことはもちろんのこと、予算に対しても、です。
予算管理をしておりますので、予算に程遠い計画はしません。
弊社では、相談時に予算確認と希望などを伺い、
予算の範囲内でどういう計画が実現しそうかをお話ししています。

決まった間取りや、仕上げがない分、
自由に予算配分をすることができるのも設計事務所の強みですね!

設計事務所の設計費だけを見ると
どうしても高いイメージが付いてしまうので、
設計費を考える上で重要なのは
「総工費で他社と比較する」ことかな、と思います。


設計事務所での家づくり、おすすめです。
ハードル高くなりがちですが、
意外とそんなことないのね!!と感じていただけたら嬉しいです。

詳しく見る
no image

【三重県・四日市市】夫婦二人で暮らす平屋住宅/「平屋住宅って高いの?」

2024.04.12

ブログ



今日引き渡しが終わった三重県・四日市の現場にお邪魔しました。
現在外構工事が進んでおり、立派なガレージが作られておりました。



46坪の平屋。
ご夫婦お二人での生活をされるお家とのことでご依頼いただきました。


最近は平屋をご希望される方が多いな、と感じております。
平屋とは一階建ての住宅のことを指しますが、
平屋の最大のメリットは、階段がないので移動が容易なところです。
高齢になったり、体が不自由になっても生活しやすいですね。

ごく一般的な二階建てですと、水回りも一階で完結してしまうため、
子供が巣立ち、高齢になってくると
二階はあまり使わなくなってしまうことがよくあります。

そんな近年人気な平屋でよくある質問がこちら💁

 Q:「建築費用は高くなりますか?」

確かに平屋の建築には比較的広い土地が必要なので、
土地の価格が高い場所では必然的に建築費用も高くはなります。

また、同じ床面積を持つ場合でも、
地盤調査や基礎工事のためのコストが高くなる場合があるため、
二階建てや三階建ての住宅よりも建築費用が高くなる傾向があります。

ですが、階段がないのでその分の建築費用が浮いたり、
高齢になってからの生活、将来のリフォーム代などを考えると
「平屋=建築費用が物凄く高い」とは言い切れません。

平屋でも設計力でコンパクトにまとめることもできます。
お客様の予算をお伺いした上で、平屋は無理、ではなく
平屋が建てられるように一緒に考えましょう。
むしろ腕の見せ所なのでは!?というのが弊社の考え方です。

何事にもそうですが、
制約の中から生まれる創造性 が建築にもあると思っています。

〇〇だから〇〇と決めつけず
工夫を凝らして一緒に可能性を広げていきましょう!

------------

今回はそんな人気の平屋を叶えられた
ご夫婦二人で暮らされるお家のご紹介をさせて頂きます。



玄関は2WAYでスッキリ快適に。

通常の出入り口のほかに、
併設したウォークイン式のシューズクロークにも出入り口があり、
2ヶ所からアクセスできるようになっています。





引き戸もあるので、来客時には閉めることで収納を隠しスッキリと見せられます。



靴だけでなく、鞄や雨具、
可動棚なのでゴルフバッグやアウトドア用品などたくさん収納できます。











広々としたLDKの空間に和室があります。

まだ和室の襖と畳が入る前の写真ですが、
納まりもすごく綺麗で、天井も床もフラット。すごくスッキリとした印象です。
リビングとはまた違った用途、くつろぎ方で暮らしを豊かにしてくれそうです。



LDKの先には脱衣所も兼ねた物干しスペースと大きめの収納棚。
こちらの収納棚はキッチン背面と揃えた造作棚になっています。





トイレの棚もキッチン背面・脱衣室とお揃いの造作棚です。



回遊動線で、通路にも収納たっぷり。
寝具、季節家電などの大きめのものが収納できる大きさになっています。

通路に収納を作ることで動線的にも空間的にも無駄なく活用できます。









こちらは物干しができるサンルームと、テラス。

奥様の寝室にもつながっています。
洗濯だけでなく、植物を育てるのにも良い環境・空間ですね。


今回はたくさんの写真を交えて平屋を紹介させて頂きました。

理想を形にするのって難しいですが、だからこそ素敵です!

外構工事が終わりましたら
またお邪魔してお写真撮らせて頂きたいと思います。

------------

まだ家づくりについて考え始めたばかりの方、
資金や予算のお話や、土地探しのご相談など
「家づくり相談」も随時行なっておりますので
お気軽にお問合せくださいね!
詳細はこちらから👇
設計事務所で家づくり相談をしよう!


詳しく見る
no image

【三重・四日市/注文住宅】46坪の平屋

2024.03.29

現場レポート



先日、もうすぐ完成の現場に行ってきました。

こちらのお家は46坪の平屋で、
壁・天井のほとんどが漆喰塗りで仕上げています。
クロスの仕上げとは雰囲気もぐんと変わりますね!



備え付けの家具も入っていました。

今月末にお引き渡し予定です。
施工事例は、また写真と共に全貌を紹介させて頂きますね。

詳しく見る
studio A.I.Archi.
studio A.I.Archi.

〒510-0054 三重県四⽇市市曙町11-4

TEL:

059-357-5024

FAX:059-357-5028

© 2020 スタヂオA.I.A株式会社